ロゴ
HOME>レビュー>お祝いに最適な祝花ギフト【活用するシーンをチェック】

お祝いに最適な祝花ギフト【活用するシーンをチェック】

花束

祝花ギフトは、様々な記念のお祝い品として活用されています。華やかな贈り物なので貰って喜ぶ人がほとんどです。特に開店祝いで活用している人が多いようですよ。今回は、みんなの声を紹介します。

レビュー

知人が店舗開業するのでお祝いとして贈りました

同じ年代の知人の男性が飲食店を開くということになったので、祝花ギフトを贈ることにしました。この場合はどんな花を贈ったら良いかと少し迷ったりしましたが、サイトで調べてみると色々な写真がありその中でピンクのユリが印象的だったのでこれを選ぶことにしたのです。これはユリの他にも綺麗なバラなども一緒に入っているアレンジメントで、鮮やかで豪華な感じがするのでお客さん達もこれを見て喜ぶのではないかと思いました。そして受け取った知人によると、このギフトをお店の入り口に置いたところ、これをじっと見る人や綺麗ですねと言う人がいてとても嬉しかったということです。それを聞いて、店の開業の際の祝花ギフトにぴったりと思えるものを探して贈ることにして本当に良かったと感じました。
(30代|女性)

創立記念のお祝いとして贈るには最適です

先日高校の校長をしている友人の学校が3年目の創立記念を迎えたので、お祝いに花を贈ることにしました。そして、創立記念の花として人気があるのが胡蝶蘭だと聞いていたので、本当に適しているかどうかを確認するために祝花ギフトを扱っている花屋に行ってみたのです。見てみると、実際に蝶が飛んでいるような生き生きとした様子で、しかも花言葉は「幸福が飛んでくる」ということなので、創立記念にぴったりだと思いこの花を贈りました。これを受け取った友人は、創立記念の会場に似合った美しい花で「おめでとう」という気持ちも伝わってきてとても感謝していると言ってくれました。また、今回祝花ギフトとして贈ったのは鉢植えの胡蝶蘭なので、これからもその学校でみんなに愛されて育ててもらえるのではないかと思い、この点でも満足しています。
(50代|男性)